ティオマン島

シンガポールからティオマン島への行き方【費用を抑えたい方向け】

こんにちは!MIYUです。

 

この記事にたどり着いたということは、ティオマン島はご存じですよね?

 

マレーシアにある、めちゃくちゃ穴場なリゾート島です!定番リゾートに飽きてきた人は必見のスポットですよ。

 

今回はそんな穴場なリゾート「ティオマン島」への行き方をご紹介します。

  • シンガポールからの行き方を知りたい
  • ダイビング好き
  • 穴場リゾートに興味がある
  • 交通費を抑えたい

こんな方に方に役立つ内容です。

 

英語力ゼロの私が初めて行った感想としては、少し難易度が高い行き方だったので、私と同じく英語に自信がない方には、とくに参考になると思います!

 

ティオマン島ってどこにあるの?

ティオマン島のビーチ

マレー半島東海岸沖に浮かぶ”ティオマン島”は、マレーシアのメルシンと言う町から、フェリーで1時間半位の場所にあります。

なので、ランカウイ島やペナン島と違って、シーズンは逆の4月~9月までとなっています。

シンガーポールからティオマン島への行き方

ティオマン島へ行くには、クアラルンプールを経由するよりもシンガポールから行く方が近いです!

今回は、実際に私が行った方法で紹介していきます。

  1. ブギス→ジョホール(ラーキンバスターミナル)
  2. ジョホール→メルシン
  3. メルシン→フェリー乗り場(Jety)
  4. メルシン→ティオマン島

ブギス→ジョホール

まずシンガポールのブギス駅を目指しましょう!

ブギス駅のA出口から徒歩5分の、クイーンズストリートから、ジョホール行のバスが出ています。

  • 料金→片道3.4S$(270円位)
  • かかる時間→1時間半~2時間位(道路状況や、国境の込み具合にもよって変わってきます)

国境越えの動画は、YouTubeの方でもあげているので、ご覧ください☆

 

ジョホール→メルシン

終点のラーキンバスターミナルに着いたら、窓口にてメルシン行のバスチケットを購入。

  • 料金→13リンギ(340円)
  • かかる時間→2時間半~3時間

乗り場へ。

マレーシアの長距離バスは、安くて豪華なバスが多いです!

メルシン行のバスも、2階建ての3列シートのバスだったので、メルシンまで快適に移動できました。

メルシン→フェリー乗り場

メルシンのバスターミナルからフェリー乗り場までは、歩いて15分程です。

メルシンに着くと、旅行者らしき人が増えるので、その人達に着いていけば辿り着けます(笑)

ティオマン島行のフェリーに乗船する手順

  1. フェリーチケット購入
  2. 海洋公園費支払い
  3. ボーディングパスを貰う
  4. 乗船

フェリーチケット購入

フェリーのチケットは、バスターミナルからフェリー乗り場へ歩いて行く途中の、チケットオフィスで買います。

ネットで購入している場合も、購入した後に送られてくるEチケットをカウンターで見せ、チケットを発券してもらいます。

※ネットで購入している場合でも、必ずここで、チケットを発券してもらいましょう!Eチケットを見せるだけでは、船には乗船できませんので、気を付けて下さい!

海洋公園費支払い

そして、チケット売り場の後ろには、海洋公園費を支払うカウンターがあります。

この海洋公園費も必ず払わなければならないので、注意してください!

メルシン→ティオマン島のかかる費用

  • フェリー料金→往復22$(2400円)
  • 海洋公園費→30リンギ(800円)

 

ボーディングパスをを貰う

チケットを購入、発券してもらった後は、いよいよフェリー乗り場へ向かいます!

出発の1時間程前になると”ボーディングパス”が配布されます。

チケットを持っていても、このボデーディングパスを貰わないと乗船できないらしので、必ず受け取りましょう。(かなりややこしいです…苦笑)

乗船

フェリーは出発の40分前位から乗船が始まりました。

ティオマン島には、4~5か所停泊する場所があるので、自分が宿泊する場所を、きちんと把握しておきましょう!

バス&フェリーはネット予約が便利

ティオマン島行のフェリーは、予めネットで購入しておきました。

なぜなら、シーズン中のティオマン島行のフェリーは、わりと混んでいるという情報を目にしたからです。

 

私が予約したサイトはコチラ

 

2019年8月現在、上記のサイトだけがメルシン→ティオマン島行のチケットを取り扱っているようでした。

簡単な購入手順↓

  1. 【日付】【出発地】【行先】を指定
  2. 希望の時刻のフェリーを選択
  3. クレジットカード情報入力
  4. 支払い

日本語ではありませんが、英語力ゼロの私でも購入できたので大丈夫です(笑)

チケット支払い後に、入力したメールアドレスにEチケットが送られてきます。

これを印刷、または画面を見せるだけで、チケットを発券してもらえます。

もちろんティオマン島行だけではなく、シンガポールやマレーシアの広い範囲でバス予約もできるので、絶対ネット購入が便利で楽ちんです☆

まとめ

シンガポールからティオマン島まで、片道2600円で移動することが出来ました!

ちなみにシンガポールからメルシンまで、直通のバスが出ていますが、片道2600円です。それにフェリーチケット+海洋公園費を合わせると、片道4600円かかります。

少し手間はかかりますが、行き方は同じなので、費用を抑えたい方は私と同じルートで行くことをおすすめします!

 

ティオマンへ行くフェリーは、毎月時刻表が変わるそうです。なので、チケットを購入するのは、なるべくネット予約の方が、出発時刻を確認しておけるので、安心ではないかと思います!

 

定番のリゾート地に飽きた方、ぜひティオマン島へ行ってみて下さい。

ABOUT ME
みゆ
「好きなことで生計立てて生きていく!」そう決意してから、現在はノマドワーカーを目指して奮闘中。コロナ収束後には海外拠点に活動していこうと目論んでいます。